日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

2007年03月12日

第27回気象予報士試験について

気象業務支援センターによると、第27回気象予報士試験の受験者数、合格者数、合格率は、

受験者数・・・4670人
合格者数・・・294人
合格率 ・・・6.3%

だったそうです。第26回の合格率5.1%、第25回の合格率4.7%と比べると、今回の試験の合格率は若干高めだったと言えます。また、第27回気象予報士試験の合格基準は、

学科一般・・・15問中正解が11以上
学科専門・・・15問中正解が11以上
実技  ・・・総得点が満点の64%以上

となっており、実技試験の合格基準もいつもの年と比べて少し低くなっています。


ところで、気象予報士試験の受験番号のはじめの数字は受験地を、次の数字は学科免除の有無を表しているということを知ってましたか?はじめの数字はそれぞれ、

1・・・北海道
2・・・宮城
3・・・東京
4・・・大阪
5・・・福岡
6・・・沖縄

を表しています。そして、前から2番目の数字はそれぞれ、

0・・・学科免除なし
1・・・学科専門のみ免除
2・・・学科一般のみ免除
3・・・学科一般・専門ともに免除

を表しています。第27回気象予報士試験の合格者の受験番号を基に、学科免除の有無の割合を調べると次のようになっていました。

学科免除なし   ・・・53人
学科専門免除   ・・・34人
学科一般免除   ・・・58人
学科一般・専門免除・・・149人

学科免除の有無の割合

これを見ると、圧倒的に学科一般・専門免除の合格者が多く、全体の50%を占めています。また、意外にも学科免除なしの合格者は学科専門免除の合格者よりも多く、学科一般免除の合格者とも大差のない人数だということがわかりました。やはり気象予報士試験では、学科一般・専門免除になれば圧倒的に有利になることは間違いなさそうですが、学科免除がなくても十分合格する可能性はあるみたいです。


※受験番号の学科一般免除と学科専門免除が逆だったため、訂正しました。間違った情報を掲載してしまい、大変申し訳ありませんでした。
Comment(4) | TrackBack(0) | 気象予報士試験について |
2006年12月22日

気象予報士試験の統計資料

財団法人気象業務支援センターで、気象予報士試験の統計資料が公表されています。

試験回 受験者数 合格者数 合格率
1 2,777 500 18.0%
2 2,705 313 11.6%
3 2,771 277 10.0%
4 3,257 336 10.3%
5 2,461 204 8.3%
6 3,083 163 5.3%
7 2,587 206 8.0%
8 3,281 165 5.0%
9 3,037 162 5.3%
10 3,705 156 4.2%
11 3,592 160 4.5%
12 3,981 161 4.0%
13 3,803 195 5.1%
14 4,337 198 4.6%
15 3,671 234 6.4%
16 4,147 233 5.6%
17 3,962 211 5.3%
18 3,898 272 7.0%
19 4,091 242 5.9%
20 4,800 357 7.4%
21 4,555 262 5.8%
22 4,958 216 4.4%
23 4,564 195 4.3%
24 4,804 198 4.1%
25 4,781 223 4.7%
26 5,074 259 5.1%
合計 98,682 6,098 6.2%

この資料を基にグラフを作ってみるとこんな感じになります。

気象予報士試験受験者数

気象予報士試験合格者数

気象予報士試験合格率

気象予報士試験が始まってしばらくは、それまで気象業務に携わってきた人たちが多く受験しているので合格率が高かったようです。その後、受験者数は徐々に増えていますが、合格者数と合格率は徐々に下がっていき、第6回以降あたりからほぼ一定となっています。それでも第20回のように合格者数がかなり多い回もあり、試験によって多少は難易度のばらつきがあるのかもしれません。


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(2) | TrackBack(0) | 気象予報士試験について |
2006年10月11日

実技試験

実技試験は、記述方式で行われる試験です。試験は第1部と第2部の2つに分けて行われ、時間はそれぞれ75分です。合格基準は、総得点が満点の70%以上となっていますが、その年の平均点によっても変化します。実技試験は、学科試験が2つとも合格した人だけが採点対象となるので、学科一般・専門のどちらか一方でも不合格だと、いくら実技が合格基準に達していようが採点すらしてもらえません。


実技試験の出題範囲は、「気象概況およびその変動の把握」「局地的な気象の予想」「台風等緊急時における対応」です。実技は基本的に天気図などの資料を見て解答する問題が出題されるのですが、「空欄に適切な語句を記入せよ。」や「〜について30字程度で記述せよ。」のように、さまざまな種類の問題が出題されます。


実技試験は学科試験とは異なり、自分で文章を記述しなければいけないので、適切なキーワードを選び、うまく文章をまとめる能力が必要です。また、実技試験で注意しなければいけないのは「試験時間が短い」ということです。試験時間の75分は、じっくり天気図を見ているとあっという間に過ぎていってしまいます。そのため、天気図から情報を読み取り、文章をまとめるという作業が素早くできるように慣れておく必要があります。


人気ブログランキング
Comment(2) | TrackBack(1) | 気象予報士試験について |
2006年10月10日

学科試験

気象予報士試験には、学科試験と実技試験があります。さらに学科試験は、「予報業務に関する一般知識」と「予報業務に関する専門知識」の2つに分かれています。このブログではこれらの試験を単に「学科一般」、「学科専門」と呼んでいます。学科一般・専門は、マークシートを使った多肢選択方式で、基本的に5つの選択肢の中から「正しいもの」や「誤っているもの」を選びます。試験時間はそれぞれ60分で、学科一般・専門それぞれ15問中11問以上正解で合格となります。(試験の平均点によっては、10問以上正解で合格となる場合もあります。)


学科一般の出題範囲は、「大気の構造」「大気の熱力学」「降水過程」「大気における放射」「大気の力学」「気象現象」「気候の変動」「気象業務法その他の気象業務に関する法規」です。気象学における物理や数学の知識のほかに、気象業務法を理解し、覚えておく必要があります。


学科専門の出題範囲は、「観測の成果の利用」「数値予報」「短期予報・中期予報」「長期予報」「局地予報」「短時間予報」「気象災害」「予想の精度の評価」「気象の予想の応用」です。気象学の知識のほかに数値予報や予想の精度・応用などの知識が必要です。


学科試験のどちらか、または両方に合格した場合、合格通知のあった日から1年以内に行われる学科試験は免除となります。つまり、試験を受けて学科一般だけ合格したとすると、その後2回分の試験は学科専門と実技だけを受ければいいということです。


このように学科免除の制度があるので、「とりあえず学科だけ合格しよう」と思って受験する人が少なからずいるようです。僕はこれが気象予報士試験の合格率を下げている要因じゃないかと思っています。気象予報士試験は合格率5%の難関試験だと言われていますが、学科だけで考えるとそこまで難しい試験ではないんです。出題範囲の内容は過去の試験でほとんど出尽くされたようなので、過去問をしっかり解いて対策をすれば、11問以上の正解は決して難しいものではないと思います。


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(0) | TrackBack(0) | 気象予報士試験について |
2006年10月09日

気象予報士試験とは

気象予報士試験は、(財)気象業務支援センターが行う、気象予報士を認定するための試験です。気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けると気象予報士となることができます。気象予報士試験の詳細は以下の通りです。


受験資格
 受験資格の制限はなく、誰でも受験することができます。

試験地
 北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県の6ヶ所です。

試験手数料
 11,400円

試験の概要
 試験は学科試験と実技試験に分かれていて、学科試験はマークシートを使った多肢選択方式、実技試験は文章や図表で解答する記述方式で行われます。

試験の時間割
  9:45〜10:45 学科試験(予報業務に関する一般知識)
 11:05〜12:05 学科試験(予報業務に関する専門知識)
 12:05〜13:10 休憩
 13:10〜14:25 実技試験1
 14:45〜16:00 実技試験2

試験の一部免除
 学科一般・専門のいずれか、または両方に合格した場合、申請により合格発表日から一年以内に行われる当該学科試験が免除されます。また、気象業務に関する業務経歴または資格を有する方については、申請により学科試験の一部または全部が免除になります。

試験の日程
 試験は毎年1月と8月の2回行われています。


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(0) | TrackBack(0) | 気象予報士試験について |
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。