日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

2007年10月05日

第28回気象予報士試験合格者発表

気象業務支援センターで第28回気象予報士試験の合格者が発表されました。


合格された方、おめでとうございます。
今回は不合格だった方、また次の試験に向けてがんばりましょう。


さて、気象業務支援センターでは第28回気象予報士試験の合格基準も発表されています。
それによると、今回の合格基準は
学科試験(予報業務に関する一般知識):15問中正解が10以上
学科試験(予報業務に関する専門知識):15問中正解が11以上
実技試験:総得点が満点の67%以上
だったそうです。
学科一般の合格基準が10問以上に下がっていて、実技の合格基準も67%と少し低めなので、今回の試験は全体的にやや難しかったようです。


合格率を見ても、今回の試験は受験者数4943人に対して合格者数216人で、合格率4.3%となっています。
前回の合格率6.3%と比べてみてもだいぶ下がりました。
次の試験は今回の反動で合格率が上がるんでしょうか?
Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年09月06日

第28回気象予報士試験の解答例発表

気象業務支援センターで第28回気象予報士試験の正式な解答例が発表されました。


財団法人気象業務支援センター 気象予報士試験−解答例


また、学科専門の問題文に不備があったようです。


財団法人気象業務支援センター 試験問題の不備について
 8月26日に実施しました気象予報士試験において、「予報業務に関する専門知識」問5の問題文に不備がありました。選択肢1および4をいずれも正解として採点します。
 
 受験者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします。


う〜ん、こういうのはちょっとどうなんですかねぇ…。
結果的に正解が2つになってラッキーだと思う人もいるでしょうけど、この問題に時間を使わされて他の問題がだめだった人もいるかもしれないですからね。
国家試験なんですから、これからはこういうミスが起こらないように気をつけてもらいたいものです。
Comment(4) | TrackBack(2) | ブログ |
2007年08月26日

第28回気象予報士試験解答速報

気象予報士試験を受験された皆さん、お疲れ様でした。
あとは10月5日の合格発表を待つだけですので、とりあえずそれまでゆっくり休んでください。


そして、試験が終われば気になるのが解答速報ですね。
ここで毎回気象予報士試験の解答速報を載せているサイトを紹介したいと思います。


文系のための気象予報士試験対策室
気象予報士「ばたやん」さんが運営するサイトです。掲示板で解答が正しいかどうか議論されることがあるので、いろいろな人の意見を知ることができます。

気象予報士試験受験支援会
気象予報士試験受験支援会のサイトです。難易度アンケートなども行っています。

藤田真司の気象予報士塾
元ウェザーニューズ社員の気象予報士、藤田真司さんが運営するサイトです。


ただし、これらのサイトは解答の予想をしているだけなので、正式な解答と違う場合もあります。
これらはあくまでも参考程度にとどめておいて、正式な解答は気象業務支援センターが発表するのを待ちましょう。
Comment(4) | TrackBack(1) | ブログ |
2007年08月25日

第28回試験本番前日

いよいよ明日は第28回気象予報士試験の日です。
前回の試験が終わって約半年が経ち、ついにこの日がやってきました。


明日気象予報士試験を受験される方は今どんな気持ちなんでしょうか?
自信があって明日が待ち遠しい人もいれば、まだまだ勉強し足りなくて不安な人もいると思います。
僕の場合は緊張しやすいので前日からかなり緊張していました。
それでも試験が始まってしまえば緊張なんて吹き飛ぶもので、今となってみればあんなに緊張する必要もなかったなとも思います。


だから僕が思うに、今不安に思っている人は全然緊張なんかする必要ないんです。
どうせ試験が始まればいつもどおりに問題を解いていけるし、今の気持ちなんて試験に全然影響しません。
それに万が一今回だめだったとしても、気象予報士試験はまたいつでも受けることができるんですから。
まぁ受験料がもったいないっていうのはありますけどね。^^;
そういう楽な気持ちで明日を迎えてほしいと思います。


ここまで自信がない人向けに書いてきましたが、自信がある人はその自信を大切にして明日の試験に挑んできてください。
自信がつくまで勉強したのならきっと明日も大丈夫なはずです。


とにかく明日受験される皆さん、これまでの勉強の成果を充分発揮できるようがんばってきてください!
Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年07月27日

第28回気象予報士試験受験者数

気象業務支援センターで次の気象予報士試験の受験者数(申請人数)が発表されました。


気象業務支援センター 気象予報士試験 - 統計資料


これによると、第28回気象予報士試験の申請人数は5,528人。
これは過去3番目に多い数字です。
しかし、統計資料を見ればわかるように、毎回実際に試験を受けた人は申請人数より500〜700人ほど少ないので、今回も受験者数は5000人前後になりそうです。


そして、気象予報士試験まで残すところ1ヶ月を切りました。
気象予報士試験の受験者にとっては、これからが1番大事な時期だと思います。
僕が高校生のときの担任の先生は、「試験日が近づくほど実力は加速度的に伸びていく」と言っていました。
これは今までの僕の経験から言っても良く当てはまっていると思います。
知識が豊富になり、勉強の全体像が掴めてくると、そこから先は今までの苦労が嘘のように内容を理解できるようになりました。
気象予報士試験を受験する方も、実力の伸びるこの1ヶ月をぜひ有効活用してください。
Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年06月18日

第28回気象予報士試験申請書受付開始

今日6月18日から、第28回気象予報士試験の申請書受付が始まりました。
申請書の受付期間は7月6日までとなっています。
(詳しくは気象業務支援センターでご確認ください。)


あらためて見ると、気象予報士試験の申請書受付期間は20日間ほどしかないんですね。
気象予報士試験を受験される方は、うっかり忘れてしまわないように早めに申請書を出しておいたほうがいいかもしれません。


また、今日の時点で第28回気象予報士試験まであと68日です。
次の試験までもう2ヶ月とちょっとしかありません。
試験当日に後悔しないように、今できることをしっかりやっておきましょう!
Comment(11) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年05月17日

気象予報士試験まであと100日

今日5月17日で、第28回気象予報士試験まで残すところあと100日となりました。
これを「まだ100日」ととるか「もう100日」ととるかは人それぞれだと思いますが、うかうかしていると時間はあっという間に過ぎ去ってしまうので、次の気象予報士試験を受験される方は早め早めの準備を心がけておいたほうがいいかもしれませんね。


そして、明日5月18日から財団法人気象業務支援センターのサイトで気象予報士の試験案内書の頒布が始まります。


財団法人気象業務支援センター 試験案内書の頒布


また、受験申請書の受付期間は6月18日から7月6日までとなっています。
申請書の受付が始まるまではまだ少し時間がありますが、受験される方は申請を忘れないようにしましょう。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年04月13日

カウントダウン再開

コメントで「気象予報士試験までのカウントダウンをもう1度表示してほしい」という要望があったので、第28回気象予報士試験までのカウントダウンを再開しました。
第28回気象予報士試験は平成19年8月26日に行われます。
詳しくは財団法人気象業務支援センターのホームページでご確認ください。


財団法人気象業務支援センター 気象予報士試験−日程


次の気象予報士試験まで、あと134日です。
勉強の計画を立てたり、勉強のやる気を出させるためにぜひご活用ください。
Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年04月02日

気象予報士登録

今日、ようやく気象予報士登録通知書が家に届きました。
これで正式に気象予報士として登録されたことになります。


登録通知書の上のほうに大きく「気象予報士」と書いてあるのを見ると、本当に自分が気象予報士になったんだという実感が沸いてきます。
僕は今まで資格らしい資格を取ったことがなくて、こういうものも初めてもらったのでなんだかすごくうれしいです。


新年度も始まって、これからは新入生や新入社員の人たちにとって忙しい時期になりますね。
僕も気持ちを新たにして、もっともっと気象の勉強に励みたいと思います。
Comment(7) | TrackBack(2) | ブログ |
2007年03月09日

気象予報士試験合格!

気象予報士試験合格しました!


今回はあまり自信がなかったので、合格発表を見る前は結構緊張しましたけど、自分の受験番号を見つけたときはほっとしました。
まだあまり実感がありませんけど、高校生のときから憧れていた気象予報士の資格を取ることができて本当に嬉しいです。
1年間がんばって勉強して、お金もそれなりにかけた甲斐がありました。


でも、気象予報士を取ったらそれで終わりというわけではありません。
この気象予報士の資格をどう生かしていくのかが僕のこれからの課題です。
気象予報士試験合格がゴールなのではなく、ここをスタート地点として、気象をより深く理解するためにさらに勉強を続けていこうと思います。


最後に、これまで僕を応援してくれたすべての人たちに感謝したいと思います。
本当にありがとうございました。
Comment(8) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年03月08日

気象予報士試験合格発表

明日はいよいよ第27回気象予報士試験の合格発表の日です。
受験者には合否通知が郵送されてきますが、午前10時から気象業務センターのホームページに合格者の受験番号が掲載されます。


気象予報士試験―トップページ 財団法人気象業務支援センター


合格発表前日だからといって別にどうというわけではないんですけど、明日結果がわかると思うとやっぱり少し緊張してきますね。
まぁでも、もう結果は決まっているわけですから、あれこれ考えないでとにかく明日の合格発表を待ちたいと思います。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年02月25日

予報用語の見直し

気象庁のホームページで、予報用語の見直しについての意見を募集しているようです。


気象庁 「予報用語」の見直しについてのご意見募集


予報用語の改正案を見てみると、「爆弾低気圧と爆発的低気圧」の記事でも書いた「爆弾低気圧」が、新たに掲載する用語に入っていて、「爆発的低気圧」はありませんでした。でも、爆弾低気圧の分類が「使用を控える用語」で、「爆弾低気圧等の名称は利用者によっては不快に感じることもあるので、使用しない。」と書いてあります。


使用しないのなら、なぜ「爆弾低気圧」を新しい予報用語に加えるのか疑問ですが、改正案の通りになれば気象庁で採用されるのは「爆発的低気圧」ではなく、「爆弾低気圧」のようです。


その他の新たに掲載する用語には、竜巻の強さを表す「藤田スケール」がありました。これは最近の竜巻被害の増加のためでしょうね。また、削除する用語に「寒冷低気圧」や「相当温位」がありました。寒冷低気圧や相当温位は気象予報士試験では良く出てくる用語ですが、天気予報や解説などでは使用しないことから削除されるようです。


予報用語が改正されれば、これから気象予報士試験で使われる用語も変わるのかもしれません。気象予報士試験を受ける方は新しい予報用語もチェックしておいたほうが良さそうですね。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年02月22日

気象予報士ブログポータル

気象予報士に関するブログを書いている人はけっこうたくさんいると思いますが、そういうブログを検索して探すのはなかなか大変ですよね。
気象予報士の情報を調べるときに、気象予報士に関するブログがまとめて掲載されているサイトがあれば便利なんじゃないかと前から思ってたんです。


そこで、「気象予報士ブログポータル」というポータルサイトを作りました!
このサイトはedita.jpというサービスを利用して作られていて、気象予報士ブログポータルに登録されたブログから「気象予報士」に関する記事を自動で収集・掲載する仕組みになっています。
つまり、ブログを登録していつもどおり気象予報士に関する記事を書くだけで、その記事が自動的に気象予報士ブログポータルに紹介されるということです。
また、記事が紹介されると登録していただいたブログへのリンクが作成されるので、ブログのアクセスアップにも役立つと思います。


登録方法は、気象予報士ブログポータルの新着記事の少し上にある、「コチラからお申し込みください」と書いてある部分をクリックし、登録フォームに必要事項を記入して「編集長に送信」ボタンを押すだけです。
もちろん利用料金等は一切かかりません。
まだ始めたばかりのサイトですが、気象予報士の人や気象予報士を目指して勉強している人にとって役に立つサイトになるようにがんばりたいと思います。
気象予報士のブログを書いている方はぜひ気象予報士ブログポータルへの参加をよろしくお願いします!
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年02月07日

第27回気象予報士試験の解答例発表

気象業務支援センターで第27回気象予報士試験の解答例が発表されました。


さっそく見てみましたが、もう気象予報士試験の日から1週間以上経っているので自分の解答をほとんど忘れてます(笑)。
ざっと見た感じ、根本的に間違ってたような問題はないみたいですが、僕の解答は字数がかなり適当だったので安心はできないですね。


合格発表は3月9日。
それまで気象予報士試験のことは忘れて、のんびり待つことにします。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年01月28日

第27回気象予報士試験

気象予報士試験受けてきました。
正直、合格するかどうかはかなり微妙です。


実技試験1は温帯低気圧に関する問題だったのですが、問われている内容が独特でかなり難しかったです。
実技試験2は南岸低気圧の問題で、関東地方の雨雪判断など割とオーソドックスな問題でした。
実技2はまあまあできたと思いますが、実技1は時間も足りなくなって正しい答えが書けたのかあまり自信がありません…。


まぁ、終わったことをくよくよ考えていても仕方がないので、とりあえず気象業務センターの正式な解答例が発表されるのを待ちたいと思います。
約10日で気象業務センターホームページに解答例が掲載されるようなので、いろいろ考えるのはその後ということで。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年01月27日

試験前日

明日はいよいよ気象予報士試験本番です。
明日のことを考えると、なんだか落ち着かない気分になってきます。


僕の家は気象予報士試験の会場から割りと近いところにあり、学科が免除で試験が午後から始まるので、明日はのんびり試験会場に向かう予定です。
でも僕の場合日曜日は昼まで寝てることが多いので、明日はしっかり目覚ましをセットしておきたいと思います(笑)。


とにかくやるだけのことは全部やったと思うので、明日は今の実力を100%発揮してきたいと思います。
明日の夕方、晴れやかな気持ちで気象予報士試験の報告ができるようにがんばってきます。
Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年01月21日

残り1週間

気象予報士試験まで残すところあと1週間となりました。
きっと来週の今頃は、必死になって試験問題を解いていることでしょう。


前回の夏の気象予報士試験が終わって、気がついたらあっという間に冬の気象予報士試験が迫ってきています。
夏の試験は8月、冬の試験は1月に行われるので、夏→冬のほうが期間が約5ヶ月と短いのですが、それでも本当にあっという間にここまで来た感じです。


今後の勉強の予定としては、残り1週間で今までの総復習をやりたいと思ってます。
実技試験での解答の書き方など、ひとつひとつしっかり確認していこうと思います。
今までの経験上、学力は直前が一番伸びると思っているので、この1週間気を抜かずに最後まで集中していきたいです。


このブログを見ている気象予報士試験を受ける方も、最後の1週間気を抜かずにがんばっていきましょう!
Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ |
2007年01月14日

2007年初

あけましておめでとうございます。
もう14日ですが、今日が2007年最初の更新です。


お正月の間は実家に帰っていて、その後も大学のレポートをやらなければいけなかったりして、なかなかブログを書く機会がありませんでした。
そんなわけで、ブログ更新の間隔がだいぶ開いてしまいました。
もう少し頻繁に更新しようと反省してます。


そして気象予報士試験の勉強ですが、実家に帰っていたときはほとんど勉強できませんでした。
気象予報士試験本番までもう残りわずかとなっているのに、やっぱり実家にいるとだらけてしまいました。
そのせいか、一人暮らしのアパートに戻ってきてもなかなか勉強に集中できていません。
このままではまずいので、最後の追い上げは集中して勉強できるようにがんばりたいと思います。


というわけで、このブログを見てくださっている方、今年もまたよろしくお願いします。
そして気象予報士を目指している方、2007年は気象予報士試験に合格した年となるようにお互いがんばりましょう!


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2006年12月28日

2006年を振り返って

今年も残すところあとわずかとなりました。
なんだか年々1年が早く感じるようになってきています。


今年もいろいろありましたが、今年の8月に気象予報士試験をはじめて受験したことは僕にとってとても大きな出来事だったと思います。
高校のときから決めていた「気象予報士の資格を取る」という目標に向けて実際に動き出すことができたわけです。
だから前回の気象予報士試験の前はかなり必死で勉強していました。
勉強はけっこう大変でしたが、その分充実した日々を過ごせていたと思います。
まぁそのときの予定では、今頃僕はしっかり気象予報士になっているはずだったんですけどね。なかなか世の中甘くないみたいです(笑)。


そんな世の中の厳しさを味わってから数ヶ月が経ち、次の気象予報士試験まで残り1ヶ月となりました。
前回の試験に落ちてからしばらくは、まったく気象予報士の勉強をしていませんでしたが、最近また前回試験のときのような充実した日々を過ごせるようになってきました。
泣いても笑ってもあと1ヶ月。来年を幸先良くスタートさせるために、今できることをしっかりとやっていきたいと思います。


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
2006年12月15日

今年の平均気温

気象庁ホームページで、今年の世界と日本の年平均気温についての発表がありました。それによると、2006年の年平均気温の平年差は世界で+0.30℃、日本で+0.41℃だったそうです。平年差とは今年の平均気温から、過去30年間の平均気温(平年値)を引いた値のことです。つまり今年はいつもの年よりも世界で0.3℃、日本で0.41℃暖かかったということです。


また、世界の年平均気温は100年あたり0.67℃、日本の年平均気温は100年当たり1.07℃の割合で増加しているそうです。これを見ると、世界の平均に比べて日本では地球温暖化の影響が大きいみたいですね。この平均気温の増加には自然な気候変動の効果も含まれているようですが、温暖化で異常気象が起こったりしないかちょっと心配です。


それはそうと、気象予報士試験まで残り43日となりました。実技試験の新しい参考書もだいたい読み終わったので、これからは過去問をどんどん解いていきたいと思ってます。1月の終わりは大学の試験期間とも重なっているので、今のうちにしっかり気象予報士の勉強をしておきたいです。


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。