日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
2006年12月15日

今年の平均気温

気象庁ホームページで、今年の世界と日本の年平均気温についての発表がありました。それによると、2006年の年平均気温の平年差は世界で+0.30℃、日本で+0.41℃だったそうです。平年差とは今年の平均気温から、過去30年間の平均気温(平年値)を引いた値のことです。つまり今年はいつもの年よりも世界で0.3℃、日本で0.41℃暖かかったということです。


また、世界の年平均気温は100年あたり0.67℃、日本の年平均気温は100年当たり1.07℃の割合で増加しているそうです。これを見ると、世界の平均に比べて日本では地球温暖化の影響が大きいみたいですね。この平均気温の増加には自然な気候変動の効果も含まれているようですが、温暖化で異常気象が起こったりしないかちょっと心配です。


それはそうと、気象予報士試験まで残り43日となりました。実技試験の新しい参考書もだいたい読み終わったので、これからは過去問をどんどん解いていきたいと思ってます。1月の終わりは大学の試験期間とも重なっているので、今のうちにしっかり気象予報士の勉強をしておきたいです。


人気ブログランキングに参加しています。もしよろしければ1日1クリックお願いします。
Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。