日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
2009年01月26日

第31回気象予報士試験解答速報

第31回気象予報士試験を受験された方、お疲れ様でした。
早速解答速報を出しているサイトがありますので、いつもどおり紹介させていただきます。


藤田真司の気象予報士塾
ばたやんのお天気相談室
気象予報士試験受験支援会
クリアな日々。


今のところ専門はどのサイトも解答が一致していますが、一般の問題9と問題14で解答が違っていますね。
これらのサイトはあくまで解答の予想を出しているだけですので、正式な解答例は気象業務支援センターのサイトで確認しましょう。
Comment(28) | TrackBack(0) | ブログ |
この記事へのコメント
めておさん、げんごろーさん、ありがとうございます!
まずは森田正光さんが出している「気象予報士・なる本」というのを買ってみました。
まずはどんな事をすべきなのか調べてみます。
今朝のユーキャンでも気象予報士資料があったんですが教材は6万2千円だそうです。
わかりやすいDVDや過去問三回分、予想問題集、全8回の添削テスト、質問メールの受付などが教材内容なんですがそれって高いんでしょうか…?

お二人の合格を祈っています。
Posted by 迷い中改め、なりん at 2009年01月26日 21:30
>めておさん

紹介ありがとうございます!
とりあえず藤田さんのサイトで自己採点したら学科一般は
13点でした。問9と問14が間違いだとしても11点なので…
第一関門は何とか突破でしょうか。

実技も一応全て、ある程度満足できる解答は書けたので、
合格発表が待ち遠しいです。とりあえずは2月3日の
支援センター発表の解答例待ちですね。その結果を見て
実技の勉強を本格再開する時期を考えようと思います。

>なりんさん

私もその本最初に買いましたよ〜。
合格体験記を読むのはモチベーションアップに大いに
役立つと思います。

講座はユーキャンあたりが大体相場なんじゃないかなぁと
思います(実際に詳しく比較した訳ではないので、確か
ではなく、あくまで感覚ですが…)。

他にもハレックス等、質のよい講習がありますので
(元気象庁長官の新田尚さんに直接添削していただいた
ことがありました。もう結構昔の話になりますが…)
もし講座受講を検討されるのであれば、色々比較される
といいと思いますよ。
Posted by げんごろー at 2009年01月26日 23:48
めておさん、げんごろーさん、その他気象予報士の勉強をしている方へ質問です。
資料や参考書にはどのくらい出費していますか?
なるべく(気象の)学校に通わないでやってみたいのですが…
Posted by なりん at 2009年01月27日 13:38
>なりんさん

私の場合は参考書関係に1万円強、過去問題集「気象予報士試験
模範解答と解説(6)〜(27)」を2万5千円で競り落としてます。

(「競り落として」というのはヤフオクですね。既に合格された方が
たまたま出品されていましたので「これはチャンス!」と即買いしま
した。)ですので、何だかんだで4万円くらいは出資しています。

なりんさんがおっしゃられたように、気象予報士というのは一般の
浸透度の割にはレアな資格なので、どうしても書籍関係を色々
揃えようとするとある程度は出費を伴うんですよね…。

ただ、もう少し効率的なお金の使い方ができたのかな、とは思って
います。同じような問題集でも、コンパクトにまとめられている
ものだってありますし。

めておさんのように大学で気象学を専攻されている方であれば別
ですが、独学でいきなり一発合格を狙うのはかなり困難です。

ただ、2000円程度の参考書が2冊程度手元にあって、その本の
内容を十分理解できれば、学科合格には手が届きますので、まずは
大きい書店で学科に特化した参考書をいくつかご覧になれば、
ご自分に合った参考書で学科免除を勝ち取るための勉強方法が
見えてくるかも知れませんよ。

実技については特定のキーワードを織り込んで記述したり、図面を
描いたりする作業がありますので「問題慣れ」が必要です。

具体的には記述なら問題の内容から解答に不可欠なキーワードを
探す練習をしたりする事が結構重要になってくるのですが、それは
どちらかの学科免除を取れた段階で考え始めても決して遅くはあり
ません。

相当長い文になりましたが、少しでも参考にしていただければ。
Posted by げんごろー at 2009年01月27日 20:53
あっ、ちなみにめておさんは予報士の資格を既に持っていらっしゃい
ます(^_^;)
Posted by げんごろー at 2009年01月27日 21:01
げんごろーさん、詳しくありがとうございます!
「なる本」に出ていた講座に今日4件問い合わせしてみたんですが…
通学ではなく通信でも何十万もするところもありビックリしました。
直前講習なども3、4日で5、6万したり…
げんごろーさん的にはユーキャンやハレックスの通信で6万ちょいするのは高いと思いますか?
私は今日本屋へ行き、とりあえず「なる本」通りに何冊か児童書を取り寄せ予約してきました。
Posted by なりん at 2009年01月27日 22:46
自分としては決して高いとは思いません。
実際に私の同僚でユーキャンで気象予報士の資格を取った
人もいますからね。やる気次第では安い投資だったと思える
可能性だってあります。

ただ、矛盾しているようですが私としてはハレックスをオススメ
します。
ハレックスの回し者ではないですが、昔から今まで一貫して
受講者から定評がありますし、充実した学習ができると思います。

試験では特に実技が難しいですので、通信講座は実技に限り、
それまでは独学でする、という手も考えられますよ。

まずは、取り寄せ予約された本を見ていただき、基本的な知識に
慣れられてください。きっと面白くなると思いますよ〜(^-^)
Posted by げんごろー at 2009年01月28日 19:44
ありがとうございます!

ハレックスとユーキャンが6万円代で比較的安く私の中での購入対象です。
ただハレックスにはDVDがついていないんです。
私のような素人はまずは視覚でわかりやすく理解した方がいいのでは…という不安がありまして。
もう一つの不安は数式です。
天気関係じゃなくてもいいのですが気象の数式に役立ちそうな手軽な参考書、問題集はありませんか?
ハレックスには数式問題集がついているようです。
ユーキャンは今詳しい資料を取り寄せ中。
そして今日から届いた「天気のひみつ100」を読んでいます。

Posted by なりん at 2009年01月29日 13:36
気象予報士の真壁京子さんが出している「真壁京子の気象予報士
試験数式攻略合格ノート」という本があります。

気象予報士試験に必要な数式がコンパクトにまとめられていて、
結構オススメできる本ですよ。
Posted by げんごろー at 2009年01月31日 07:10
周りに何人か気象予報士の勉強をして、学科は通っている人がいるんです。
そのコには「絶対学校に通った方がいい!」とクリアの通学を勧められました。
私のような文系、天気素人では通信だけでは難しいのが現実かもしれませんね。
今は児童書などを読みながら通学も検討しています。
スケジュール的にはなるべく通いたくはないんですけどね。
Posted by なりん at 2009年01月31日 22:01
捕捉しますと。

周りに何人か勉強していたコはいたんですが一人を除いてはみんな学校も途中で行くのをやめて早々に諦めていました。
昔連絡をとっていた友達が学科は通っているという話を伝え聞き、連絡してみたところ通学を勧められたというわけなんです。
通学なしに参考書を読んでも理解できるわけないと言われてしまい困惑しています。
急に仕事が入る事があるので通学は抵抗が少しあり、普段は比較的時間がとれるので受験生のように勉強する事は可能です。
やはりクリアに行くべきでしょうか。
彼女の話だと「直前講習だけ通学しても理解できないだろうからそれこそお金の無駄!」と言われてしまいまして…( ̄▽ ̄;)
Posted by なりん at 2009年01月31日 22:33
う〜ん(^_^;)そればっかりは何とも…
クリアの授業料はかなり高額ですし。私はちょっと躊躇しますね。

ただ、学科は独学でも努力次第で誰でも十分合格圏内には行けます。
これは断言できます。

いきなり大きな出費をするより、ひとまずは独学で学ばれて、一度
受験してから通学するかしないかを判断されても決して遅くはない
と思うのですが…。どうでしょう。
Posted by げんごろー at 2009年02月03日 20:41
ありがとうございます。
努力はするつもりですがやはり無理な出費や時間調整は気負いしてしまいそうなのでやめておきます。
今はとりあえずマンガの天気本を2冊読み、今日小学館の図鑑を買いました。
これを読んだ後に昨日買った「一人で学べる地学1」にチャレンジします。
地学も気象のとこだけでいいんですよねぇ?
数学も「これさえやっとけば大丈夫」みたいな箇所はありますか?
いつも質問ばかりですみません。
大変助かっています。
Posted by なりん at 2009年02月05日 15:17
いえいえ、一人でも自分の好きな分野に興味を示してくれる人が
増えるのはうれしいことですから(^-^)

地学については、気象の他にも惑星の組成(地球型惑星と木星型
惑星とか)など、気象予報士試験の基礎的な知識が結構含まれて
いると思います。地層とかはさすがに関係ないですけど(^_^;)

数学については…何とも言えません。

最終的には「一般気象学」にあるような数式の意味が分かるように
なれば理想なのでしょうが、私は到底そのレベルにはありません。

ただ、数学というか数式で言えば、必ず押さえておくべきところ、
例えば気体の状態方程式から、気圧が一定と仮定した場合、密度
が大きくなれば温度が下がる等、基礎的な式から色々な知識が
芋づる式に出てきますので、そこは面白いですよね。

とりあえず、こういった公式から簡単で面倒な計算をさせるような
意地悪な問題が出ることがありますので(今回もありました)、
まずは昔勉強した四則計算を素早く正確に解けるようになって
いればいいのかな〜と思います。
Posted by げんごろー at 2009年02月05日 23:10
ひぇ〜(ToT)
やっと大人の参考書に入りました。
同じ事を言っていても言葉が難し過ぎてビックリです。小学生用の図鑑とマンガを先に読んどいて良かったぁ。
めておさん、げんごろーさん、これからも色々助けてください。
とにかく数学から離れてるのが一番の不安で(;_;)
Posted by なりん at 2009年02月13日 16:58
>なりんさん

数学から離れているのは私も一緒ですよ〜。
過度に不安視する必要はありません。

焦らず、楽しみながら馴染んでください。
Posted by げんごろー at 2009年02月16日 00:06
あのー
当たり前ですけど本番では計算機使っちゃいけないんですよねぇ?

普通に小数点の割り算ができなくて自分にビックリしました。
中学数学のテキスト買ってやり直すべきなのかも…
Posted by なりん at 2009年02月16日 12:54
>本番では計算機使っちゃいけない

そりゃそうですよ(^_^;)計算機使えたらどんなに楽なことか…

私も本番で3ケタ×3ケタの計算がかなり遅くなってて。

   321
  ×115
  1605
  321
 321
 36915

線引けないですけどこんな感じのやつです。伝わりますか?

例えば計算機使わずに手書きで解いてみるとか、そんな練習は
しておいた方がいいかも知れないですね。
Posted by げんごろー at 2009年02月16日 20:47
あのー、初めから式には慣れました?
あまりにもいちいちつっかえるのでサラッと読んでとにかく繰り返した方がいいのか…
頭がこんがらがっています(T^T)
Posted by なりん at 2009年02月17日 14:14
私の場合は2〜3冊の本をサラッと読んで、「こんなものか」
というものを大体掴んだうえで、まずは細かい単位の意味を
覚えました。そうして式を改めて見てみると、式が何を
意味しているかが何となく見えてくると思いますよ。


はじめから一つ一つつっかえるのもなかなかしんどいと思い
ますので(^_^;)無理せずゆっくりと付き合ってみてください。
Posted by げんごろー at 2009年02月17日 22:45
ありがとうございます(^_^)
そうしてみます!
今日薦めてもらった真壁さんの本を買いました。
本当は中学の数学の参考書を探したのですがどれもわかりにくくて。
真壁さんの本を見てみたらすごく簡単な事も説明してくれていたのでもしかしたら私でもわかるかもしれないと思い購入。
明日から少しずつチャレンジしていきます。
真壁さんの本にもあるよう、どうしても無理だと思ったら途中でやめてもいいわけだし気楽にやってみます(#^.^#)
Posted by なりん at 2009年02月18日 22:43
本当に一歩一歩やっています。
いくら読んでも温度風の求め方がわからずでとりあえず計算系から離れて法律系を読んでます。
しっかし法令って読みにくいですね〜。
勉強する事が多岐にわたっていて量が多い事に少しげんなりしていますが地道に頑張っています。
Posted by なりん at 2009年02月21日 14:49
温度風はとりあえず基本的な定義(求め方まで入っておられる
ならば言わずもがなですが)を押さえておけばとりあえずは
OKだと思いますよ。

法令関係は罰則規定とか、予報業務の許可を受けるのに必要な
条件とか、いくつかの項目に分けてノートにまとめてみると、
意外とすんなり入ってきますよ。良かったら参考にしてください。

ちなみに、私はテレビの向こうの気象予報士に対抗心を燃やして
モチベーションを保ってます(^_^;)勝てっこないんですが。
Posted by げんごろー at 2009年02月23日 23:28
アドバイスありがとうございます。
なるほど。法令は読んでるだけじゃホントにわかりにくいですもんね(^o^;)
最近は石原良純さんの天気コーナー見てます。
ちょっと前までは「早口だし専門用語多くてわかりにくい。」って思ってたけど今の私にはちょうどいい感じでなんならもう少し時間を拡大してほしいくらいです。
Posted by なりん at 2009年02月25日 12:27
またまた質問ですみません。
げんごろーさんが薦めてくれた真壁さんの本!
すごく分かりやすかったです(^_^)
ありがとうございます。
他の参考書と平行してゆっくりやってるのでもう少しで一回目終わります。
繰り返してやろうと思っています。
ただ問題自体が少ないので何か気象の計算だけの問題集があれば…と。
ちょっと状況や数字が違うだけでどの式をあてはめるのかどうやって理解するのかオタオタしちゃうんです。
何かいい問題集はありませんか?
Posted by なりん at 2009年02月28日 15:44
気象の計算だけの問題集といえば、「気象予報士試験数式問題
解説集」という本があります(そのまんまですね)。

学科編と実技編、それぞれあります。ただ、数式アレルギーの
ある私にはちょっと難しいと感じ、今のところは手を付けて
いません(^_^;)

ある程度の式は丸暗記してしまうのも手だと思います。
Posted by げんごろー at 2009年03月04日 22:14
ごめんなさい。レスがだいぶ遅れました。
先日書き込んだつもりだったのですが…。

数式に特化した問題集といえば「気象予報士試験数式問題解説集」
というものがあります(そのまんまなんですが…)

もしよければ参考にしてください。

あと、今日の発表で私も無事合格することができました。
なりんさんにもぜひめておさんや私の後を追ってほしいと
思っています。

もしこれから本格的に勉強されるならば、私からプレゼントしたい
ものがありますので、もしよろしければ私のサイトに来ていただいて
書き込みをお願いします。
Posted by げんごろー at 2009年03月06日 20:28
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
M6Vxz33G
Posted by hikaku at 2009年05月29日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。